« 力の塊 | トップページ | お気に入りの一枚。^^ »

2006年2月13日 (月)

雪解け

筋の脈管および神経

筋は、血管およびリンパ管に富み(ただし、腱は血管に乏しい)、その本幹は通常筋腹の中央部の近くで筋に入る。筋は神経に支配されて動作するもので、必ず筋神経を受けている。すなわち、筋神経には筋の運動をつかさどる運動神経があって、筋収縮をもたらすべき刺激を導き、筋内で細かに分かれて筋線維にいたり運動終板をつくる。また、知覚をつかさどる知覚神経は、筋内の筋紡錘または筋と腱との移行部にある腱紡錘に終わっている。なお、筋には運動および知覚神経のほか自律神経がきて、その緊張ならびに栄養をつかさどる。

参考日本人体解剖学第一巻医学博士金子丑之助著

いよいよトリノオリンピックが始まった!

出だしはメダルを期待されている選手が残念な結果に終わってしまっているが・・

まだ始まったばかり!

風呂敷をきつく縛りすぎていざという時に中身を出せない緊張状態ではなくて、しっかり縛りつつも中身をいつでも出せるような遊びをもたせた結び目で選手には試合に臨んでもらいたい。

私は結び目の隙間から中身をつつくようなまねはやめて、風呂敷の結び目を解いて四方に広げ中身をじっくり見て応援したい!

そして、見方を変えて風呂敷の筋と腱を考えてみる。

フィギュアスケートが待ち遠しい今日この頃です。

---------------------------------------------------------------------------

オリンピックとは関係ないけど風呂敷が気になって「ふろしき大研究」を図書館で借りてきました。

hurosikidaikenkyuu

« 力の塊 | トップページ | お気に入りの一枚。^^ »

スポーツ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪解け:

« 力の塊 | トップページ | お気に入りの一枚。^^ »

えにしのつぶやき

  • 今日のつぶやきは・・。
フォト
無料ブログはココログ