« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月27日 (木)

女性セブンに腰浮かし

Sebun 女性セブンに「腰浮かしダイエット」が紹介された。

1番売れてるダイエットはこれ!

岡田准一さんが隠れてるのはなぜ!?

私は女性週刊誌をみたことがない。

女性誌の中身って・・。

ダイエットするなら運動量以上に食べ過ぎないで「腰浮かし」かな。^^

人気ブログランキングへ

骨盤おこし運動の手順

「骨盤おこし」運動とは骨盤をおこして日常生活動作を送れるようにする為の運動です。「骨盤おこし」とは後傾している骨盤を立たせる、或いは前傾させることの意味です。

骨盤おこし運動の手順

  1. 骨盤をおこす(四股座り)
    〔開脚(股割り)、ボールあぐら、腰割り(四股立ち)〕
  2. 骨盤ゆらし
  3. 腰浮かし(お尻浮かし)
  4. 省エネ立ち
  5. 腰浮かし(出足バージョン)
  6. 股関節歩き
    〔すり足、お尻持ち上げ、小刻み(ベルト)バージョン〕

セミナー開催にあたりプリントを作成している。
私はこれまでに「骨盤をおこす」ことを強調してきた。
1と3は雑誌で紹介、5は別の機会に紹介しようと思っている。
「骨盤おこしダイエット」「腰浮かしダイエット」「シコ座りダイエット」など最近は女性誌でも「ダイエット」として紹介されている。
しかし、もともとは治療以外の補助運動として患者さんにすすめたり、身体機能を高めるためにスポーツ選手に紹介してきたものである。
結果として「ダイエット」が一般の人の副産物になった。

例えば手術を回避したい変形性股関節症の人には治療以外に骨盤おこし運動の1と2をすすめた。その後、杖がなくても歩けるようになって5と6(小刻みベルトバージョン)をすすめた。変形性股関節症は治り、おまけに「ダイエット効果」がついてきた。

右ひざ半月板損傷をしたスポーツ選手に1と5をすすめた。右ひざ半月板は治り、おまけに下半身が引き締まった。

という具合に骨盤をおこした状態が日常生活動作に生かされるようになると身体は機能しはじめる。
「何キロやせた」「何センチ減った」「ダイエットに成功した」ということは、それが目標だった人にとってはうれしいこと。
せっかくなら!「うれしい」のつづきに挑戦してみてはどうだろうか。
心から楽しいが待っている。^^

人気ブログランキングへ

2008年3月22日 (土)

「人+良」

Kさんが摘んだばかりの菜花、わけぎ、つくしの入った袋を両手に抱えてもってきてくれた。
大食漢の我が家でも食べきれない量・・。
町から来る人に御裾分け、摘みたて野菜は喜ばれる。
Kさんもうれしそう。

町では「つくし」をスーパーで買うらしい。信じられな~い。
うちは農協やスーパーでも野菜を買うが、Kさんからいただく季節の野菜が大半である。
信頼できる人の作った野菜をたべることができることはこの上なく幸せである。

我が家は朝3合から4合、夜4合から5合の米を炊く。
農家で30キロの米を分けてもらってもアッというまに終わってしまう。
最近は息子もよく食べるようになったが家内もかなり大食漢になった。
骨盤おこしトレーナーとしての自覚と赤ちゃんを育てる母親としての自覚がうまく両立しているようだ。

良質の乳がでているようで赤ちゃんと家内の肌のつやがいい。

「食」は「人+良」と書く。
人+「悪」にしてしまわないよう「食材」だけに偏らないようにしたい。
良くも悪くも「人」次第だ。

2008_03220027

人気ブログランキングへ

2008年3月19日 (水)

江戸仕草

女性誌の取材で「江戸仕草」の話題にふれた。

「江戸仕草」に「傘傾げ、肩引き、腰浮かし」というのがある。
傘傾げは相手に傘のしずくをかけまいと傘を傾げる。
肩引きは身を引いて道を譲る。
腰浮かしは席が込んだら腰を浮かしてほんの少しつめる。

なぜ‘いま‘‘腰浮かし‘なのでしょうか?

著者坂東 眞理子先生の「女性の品格」がベストセラーになっている。
私は「江戸仕草」という相手への気配りが「女性の品格」に繋がるのではと思っている。

席が込んできたから腰を浮かしてほんの少しつめましょう。
そう、さりげなく。
「どっこいしょ!」
では・・。

腰浮かしができる状態をつくりたい。

気配りができればよいプロポーションもついてくると思います。

まず!座り方からはじめては。
背筋に力を込めることが真直ぐではありません。
骨盤をおこして肩の力を抜いてください。
力の込めすぎは不定愁訴、太りやすい体質の原因。
座面に当たる骨(坐骨)を乗り越えて太ももの裏で座る。
かなり前傾しているような感覚でも鏡に映してみればさほどおかしくない。
むしろ!自然なスタイル。^^

やせるのは簡単、太ることの方が難しい。(太らない人の座り方「腰浮かし」夕刊フジブログ)

不定愁訴も太りやすい体質も「江戸仕草」には似合わない。
世の中が気配りにあふれかえったらどんなにか素敵だろう。

人気ブログランキングへ

2008年3月17日 (月)

踵を踏みすぎている人

息子が開脚立ちを自慢気に見せてくれる。
つくづく踵の大切さを思う・・。

宮本武蔵は五輪書で足の運び方「つまさきを少しうけて、踵(きびす)をつよく踏むべし」と書いた。しかし、現代人の足の使い方は踵を踏みすぎていて、それ以上踵を踏めない。

タコができたり踵がカチカチになっていれば踏みすぎ・・。

骨盤を後傾させていると、もうそれ以上踵は踏めない。。。

人気ブログランキング

一本鍼治療

パソコンの調子が戻ったようだ。^^

すっかり!陽気は春らしい。

実は数年間『鍼』を封印し治療に励んできた。
ときあるごとに『鍼』とは・・。
想いを巡らしてきた。

先日、数年ぶりに『鍼』を使った。

『鍼』を使ったといっても一本だけ・・。

私は『鍼』を身体に打ちすぎるのはよくないと思っている。
だから!必用な時に一ポイントだけ。
『一本鍼』治療は学生の時、治療風景ビデオで見た。
本当にそんなことができるのか?
でも!そんなことができたらかっこいいだろうな・・。
と思ったことを記憶している。

しかし、今の私は『鍼治療』をメインとしない。
「必用な時に一ポイントだけ」ということなのでタイミングがこなければ『鍼』を使わない。
『鍼治療をお願いします』といわれてもニーズに応えれないからである。

今後も『鍼灸』については想いをめぐらし続けよう。

人気ブログランキングへ

2008年3月14日 (金)

ご連絡

今日は久しぶりの雨。
春の陽気も一休みかな。。

パソコンを開くと調子が悪い。
パソコンまで一休み・・。

取材が一件入っているので、終わり次第パソコンの修復作業開始!

緊急の要件はお電話かファックスでお願いいたします。

えにし鍼灸接骨院 中村考宏

2008年3月13日 (木)

母趾テープ

母趾テープ(にぎっテープ)

私は痛みの治療後、動作癖が改善するよう母趾にホワイトテープを貼ることがある。

2008_03130002_4 12ミリのホワイトテープを使用。

現在の悩み(痛み)の種をホワイトテープに書く。

粘着面を利用してマジックペンで書いた文字をのり巻き状に巻く。

2008_03130001

ホワイトテープを切り取る。

母趾の第一関節に貼り付ける。

悩み(痛み)を書き込んだホワイトテープをしっかり握り込み靴下を履く。

2008_03130003 (靴下に粘着が残る場合があるので注意)

テープを貼った拇指は軽度屈曲を保ちたい。

母趾を軽く曲げた感じ。

2008_03130004_2 悩み(痛み)を

握りつぶして

悩みをふっ飛ばそう!

2008_03130005 「痛みの場所」

「貼る場所」

右あし(股・膝・足)→左母趾
左あし(股・膝・足)→右母趾
右うで(肩・肘・手)→右母趾
左うで(肩・肘・手)→左母趾
右腰→左母趾
左腰→右母趾
中央腰→左右母趾
右背中→左母趾
左背中→右母趾
右くび→左母趾
左くび→右母趾

  人気ブログランキングへ                                                                                                                           

2008年3月12日 (水)

夕刊フジ「腰浮かし」

20080312194231 今日発売の夕刊フジに「腰浮かし」が掲載された。

日常生活の中で無理なく続けて欲しい。

興味がある方は『安心』4月号を見てください。^^

人気ブログランキングへ

2008年3月11日 (火)

発症機転

身体の様々な症状を出しているスポーツ選手が多い。

酷使しているからということを理由にしない方がいい。
持病だからということを理由にしない方がいい。
そんなことは理由でない。

症状を出さない選手がいるのだから・・。
その選手を元々身体のつくりが違うとか才能が違うとか理由をつけている選手は強くなれない。

辛い痛みに耐えることが努力なのだろうか?
それは努力の方向が違う。
そんなことを絶対に子供たちに植え付けて欲しくない!
努力というなら「辛い痛みを見せない」だと思う。

「辛い痛みを見せない」の前に「痛みを出さない為の努力」が必用だ。
日本の国技である相撲は最近悪い面ばかりが取り上げられているが、いい面もある。
「股割り」などの柔軟体操は怪我をしないよう身体をつくる素晴らしいトレーニングである。

痛みが治らない。
膝が悪いのか、軟骨が悪いのか、半月板が悪いのか、筋肉が悪いのか?
仮に半月板が悪いとしたらどうして半月板が悪くなってしまったのだろうか。
問題は発症機転である。
誰がどうやって半月板を悪くしてしまったのか?
「誰がどうやって」がわからなければ、半月板の除去手術をしたとしても誰かが同じような悪さをつづけるだろう。

陸上選手が走行時の腰の痛みを訴えてきた。
病院をいろいろ回ったが治る様子がない。
日常生活は問題なく競技中が痛くて仕方がない。
監督も選手もさんざん病院で聞いてきたはずなのに病名が知りたいらしい。
特に病名のことは述べず走り方についての問題点を書いた手紙を監督に送った。
しかし、「俺には教えれん!」と手紙を返された。
選手は私と監督の間に挟まって困ってしまった。
結局、選手の気持ちからは「治したい」という意志は感じられなかった。
私には応えようがなくそれ以来、私は子供やアマチュアのフォーム指導はやめた。
もちろん!自分の子供にも一切の動作について口を挟まなくなった。

選手はその競技が好きでやっているのではないのか。
しかし、自分の痛みは他人事。
半月板を悪者にする前に「誰がどうやって」を考えてみてはどうだろうか。
自分の動作の癖や習慣はしっかり把握できているだろうか。
持病だと諦めることはない。
それこそ!諦めなければ治るのだから。

人気ブログランキングへ

2008年3月10日 (月)

腰浮かしマスター

Mさんから一筆書いて欲しいと・・。

考えた末、「腰浮かしマスター」。
骨盤おこし「腰浮かし部門の・・」。
やきもちをを焼いたYさん・・。
若干、一名。。。

私は気持ちに応えたのです。
わかって~~~ぇ。^^

大病を患ったMさん、見事復活!!!
で、いいんじゃないですかぁ~~。

人は年齢関係なくステップアップしていくのだと思います。

さぁ!Mさんの周りの女性たち。
私は一筆書きましたからね。
「Mマスターと呼んで下さい!」
彼の「腰浮かし」は本物です。^^

PS:取材の依頼があったよ!(4コマ漫画になるんだって。^^)

2008_03100015

人気ブログランキングへ

2008年3月 9日 (日)

人工関節手術

整形外科学は主に筋骨格系を中心とした運動器を扱う学問である。生命に直接かかわる疾患の頻度は比較的少ないが、一方で、放置すれば痛みや機能障害のため、日常生活や仕事に支障を生ずる疾患を扱う頻度が高い。それだけに、治療選択に迷わされる場合も多く、両者の適応を正しく把握して治療にあたることが重要である。(エッセンシャル整形外科)

膝や股関節の手術をしたが予後がよくないということを耳にする。
手術の前に説明があり、医師を信頼して手術を受けたのだから術後も医師を信頼してリハビリに努めるべきであろう。
おそらく!治療は手術をして終わりだと思っている人が多いのではないだろうか。
疑問があれば医師に聞けばいい。
しかし!自分のことなのに医師に丸投げして疑問を問いかけもしないで、よそで文句ばかりを言っている人が多い。
自分がどうしたいのか、どうなりたいのか意志を明確にすべきだと思う。

意志とはあることを進んでしようとする気持ち。
この場合は治療すなわち治すということである。

意志のある人は医士に出逢う。
「士」は武士の意味の他に「並みの人にはできないことをやってのける人の意」がある。
士が心で繋がっていれば難しい症状でも治るのだと思う。

私が見る限り整形外科的な疾患で手術をしなくても治るものは多いと思います。
微力ながら「士」を目指し気持ちに応えれるよう努力を続けてまいります。

「治す!」「変える!」「あきらめない!」

人工関節手術をしないで痛みを克服した体験者の声

人気ブログランキングへ

2008年3月 5日 (水)

変形性股関節症

Kokansetuserapi 『股関節セラピー』の問い合わせについて

昨年、発売されたマキノ出版『股関節セラピー』に私も登場させていただいたことから『変形性股関節症』の方がよくおみえになられます。

「人工関節手術を勧められたが、手術をしなくても治らないものか・・。」と深刻な顔で訴えられます。

うちにこられた方がたまたまそうなのかわかりませんが、「手術をしなくても治る!」と判断できる方が多いように思います。

一概に『変形性股関節症』といっても「荷重のかけ方」「体重移動」「重心位置」「萎縮筋肉」など人により癖や習慣は様々です。

癖や習慣を治していく努力は大変だと思いますが、努力は大変だからと球関節である股関節に偏った負荷のかけ方を続けていったとしたら手術をしたとしても結局、後から辛い思いが待っています。

これも大変・・。

私はそんな辛い顔を見たくありません・・。

だから、私は努力している人の気持ちに応えるよういつも全力です!

「治したい!」と思ったら自分が治る方法を探してみてはどうでしょうか?

まず!手術をする前にやるべきことがある!

努力の後には「楽しい!」が待っています。^^

変形性股関節症を克服した体験者の声

人気ブログランキングへ

2008年3月 4日 (火)

全国骨盤おこし巡り

<全国骨盤おこし巡り>

治したい、変わりたいと思ってみえる方に逢いに行きます。
お力になれれば幸いでございます。

参加費:3000円
人数:少人数限定
講師:中村考宏(治療士)
指導:中村よし子(骨盤おこしトレーナー)

申し込みはメールまたは電話にてお願いします。

日程:

3月30日(日)
演目:「腰浮かし」 テキスト:『安心』4月号 場所:津島市文化会館  時間:14時~16時 
4月27日(日)
演目:(未定) 場所:津島市文化会館 時間:14時~16時 
5月18日(日)
演目:(未定) 場所:津島市文化会館 時間:14時~16時    
6月29日(日)
演目:(未定) 場所:津島市文化会館 時間:14時~16時 

人気ブログランキングへ

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

えにしのつぶやき

  • 今日のつぶやきは・・。
フォト
無料ブログはココログ