« 股関節で曲げる | トップページ | もう一つの筋肉の使い方 tension »

2008年12月18日 (木)

骨盤をおこして走る

骨盤をおこして走るのは骨格ポジションを保ち身体を機能的に使いたいからである。
日本人選手は骨盤を後傾させている選手が多い。
骨盤後傾は動作においてブレーキになり、せっかくのパフォーマンスがもったいない。

オートマチック車に例えると、

バック:骨盤後傾
ニュートラル:骨盤を立たせた位置
ドライブ:骨盤前傾

人もドライブ(骨盤前傾)で走った方がいい。

身体を機能的に使うというのは例えば大腿と骨盤の関係をみてみると、

骨盤後傾:大腿四頭筋(大腿前面)伸張、ハムストリングス(大腿後面)収縮
骨盤前傾:大腿四頭筋(大腿前面)収縮、ハムストリングス(大腿後面)伸張

筋肉は動作中、収縮、弛緩、伸張を行う。
どの筋肉がどうでというのは、あまり考えず動作をスムーズにまとめあげることが大事であるが、

骨盤後傾では坐骨結節から腓骨頭、脛骨に付着しているハムストリングス(大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋)の機能を十分生かすことができない。
というのは骨盤後傾だと「坐骨結節ー腓骨頭、脛骨」間の距離が短くじゅうぶんな伸張ができないのである。

走る競技の選手は是非考えてほしい。
骨格ポジションの重要性を・・。

人気ブログランキングへ

« 股関節で曲げる | トップページ | もう一つの筋肉の使い方 tension »

えにしのつぶやき

  • 今日のつぶやきは・・。
フォト
無料ブログはココログ