« 第9回骨盤おこし(関節トレーニング)セミナー | トップページ | 東京出張 »

2009年3月26日 (木)

体幹部を捻らない

中島章夫先生の骨盤おこし指導風景です。

なぜ、骨盤をおこす必用があるのでしょうか?

根本的に股関節を動かすためです。
根本的に股関節を動かすためには、体幹部を捻ったり・曲げたり・反ったりすると股関節にブレーキがかかりスムーズに関節運動を行うことができません。
(動画は股関節の外旋・外転・屈曲から内旋・内転・伸展動作)

骨盤をおこすことは体幹部をニュートラルにすることです。
体幹部を歪ませないで股関節から動けるようにトレーニングすることが大切です!

国内外からのお問い合わせありがとうございます。
スタッフから文章でお伝えするのは難しいとのことで動画を載せる案がでました。
先日の東京セミナー終了後動画を撮影しました。

どうでしょうか?
股関節の動きはわかりますでしょうか。
股関節外旋外転屈曲~内旋内転伸展。

クラッシックバレエなどのダンスをしていて股関節がやわらかい。
ガンガンにスポーツをしていて股関節が固たい。
股関節がやわらかくても固くても多数のお問い合わせをいただいております。
痛みや動作不全には必ず理由があり股関節は根本的に動かす必要があるのです。

人気ブログランキングへ

« 第9回骨盤おこし(関節トレーニング)セミナー | トップページ | 東京出張 »

えにしのつぶやき

  • 今日のつぶやきは・・。
フォト
無料ブログはココログ