« 日本バルサスクール | トップページ | 名古屋栄中日文化センター »

2009年7月14日 (火)

前腕回内

腕の位置は力こぶが正面を向くようにし、肘の外側の腕橈関節から回内する。

力こぶの深層は上腕筋、表層は上腕二頭筋。
上腕筋は肘関節の重要な屈筋。
上腕二頭筋は肘関節屈曲および強力な回外筋として働く。上腕二頭筋は2関節筋で長頭は上腕を外転内旋し、短頭は上腕を内転する。肩関節では両頭により腕の前傾に働く。

上腕二頭筋の働きをみて気付かないだろうか。

自分は肘を外に向け脇を開いて運動していないだろうか・・。このような腕の位置では上腕二頭筋を持続的に収縮させているため、腕や肩に力が入りすぎである。

脇をしめる(閉じる)ように指導されたことはないだろうか。

肘を外に向け脇を開いている上腕の位置(上腕外転内旋)をしめる(閉じる)ようとすると上腕二頭筋短頭を収縮させた状態で内転してしまう。結局、力が入りすぎて腕や肩を固めてしまうのである。

腕を繊細にかつ体幹部から動きを連動させるにはどうしたらよいのだろうか。

やはり、腕といえども足元からである。基本的な骨盤おこしをトレーニングして身体のポジションを作ることが大切である。

最後に最も重要な前腕回内。

上腕二頭筋は強力な回外筋である。力こぶと手の平(掌)が揃った位置は前腕回外で上腕二頭筋が収縮した状態で力が入っているということ。難しい操作ではあるが、この位置で前腕を腕橈関節から回内することが大切である。上腕に余分な力が入らない操作により腕は胸鎖関節と肩甲骨から連動する。

身体の治し方(姿勢センターJAPAN)
股割り(MATAWARI JAPAN)

人気ブログランキングへ

« 日本バルサスクール | トップページ | 名古屋栄中日文化センター »

えにしのつぶやき

  • 今日のつぶやきは・・。
フォト
無料ブログはココログ