« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月29日 (金)

3/7えにし治療院セミナー

4/4(日)桃花台中日文化センター特別講座「骨盤おこしトレーニング」0568-78-1277

3/2発売、マキノ出版『安心』4月号に出ます。健康関連に興味のある方みてください。

3/7(日)えにし治療院セミナー
・「骨盤おこしトレーニング」「股関節トレーニング」「趾トレーニング」
・12:00~15:00(終了後希望者でお茶会)
・定員10名
・参加費5000円
・場所、愛知県津島市江西町4-159
・申し込み
「えにしセミナー参加」と書いて必要事項を明記し下記メールフォームをお送りください。
メールアドレスの間違えで「受付メール」が返信できない場合がありますので電話番号も明記ください。
http://form1.fc2.com/form/?id=116944
*質問、ご自身の課題のある方ご参加ください。

2010年1月28日 (木)

えにし流術式

中島章夫先生から私の治療の考え方について説明してみてはどうかとアドバイスをいただいた。以前にも私の治療の考え方については書いたが年月が経ちシンプルになっていることに気づく。

実際に私の治療を受けられた中島章夫先生の感想は「痛かった!」。翌日にも治療で擦ったところに僅かな痛みが残っていたりする。治療する側と受ける側の間には説明と理解による信頼関係が大切だと思う。

・はじめに
私の理想とする姿は「幼児(おさなご)」である。素直で疑いがなく全身に血がめぐり生命力に満ち溢れている、そんな幼児に私はなりたい。人は様々な環境に適応しようと努力をつづけるが、行く手には誤解や思い込みなどの様々な問題が立ちふさがる。家族の調和が崩れ病になり、努力の方向性を誤解し自らを拘束し健康を害していく。私は治療士として患者さまと向かい合っているが、背景にある問題の大きさを日増しに感じている。私の「骨盤おこし」という薦めは人の構造を問い続けている過程である。問題が大きすぎてとても私個人の力では太刀打ちできないが人の構造を問い動作を見直すことで私の役割を見出そうとしている。

・私の治療の考え方
治療とは問題解決である。病や症状は全体から起きている。全体というのは全身を含んだ広い意味である。私は主に運動器や骨格の問題解決のお手伝いをさせていただいているが、その背景も含めて解決する必要があると考えている。私の治療における手技は問診、視診、触診を兼ねており、重心位置、骨格位置、動作癖、筋肉のテンション、古傷(歴史)などを総合的に判断し問題解決の糸口を探るためのものである。

・「気」と「水」
「気」と「水」は滞らせてはいけない。「気」とは自らの気持ちや周りとの調和、「水」とは体液(血液など)。

・私の術式(軽擦法)
私の術式の特徴は筋肉をほぐさない。症状部位は触らず筋肉の付着部などで痛みを感じる箇所を探しやさしく擦る(軽擦法)。症状部位は他からの影響を受けている場合が多い。その為、患者さまの重心位置、骨格位置、動作癖、筋肉のテンション、古傷(歴史)などを総合的に判断しながら全体で症状部位(部分)をゆるめ血液循環を改善する。

・筋腹をほぐさない理由
私は筋腹に刺激を入れて筋肉に意識が芽生えてしまうことを避けている。難病を患って全国各地の医療機関や治療院をめぐっている方たちの中には筋肉の意識が強く身体がゆるまない方が多い。私は以前に筋肉治療を行っていたが、そのような患者さまには相当の圧力を要し主張する筋肉を押さえ込んできた。筋肉は相当のダメージを受け筋繊維の修復に時間がかかった。しかも、筋肉がほぐれ治ったかのように見えても意識が残っていて再び主張し始めることが多かった。このような理由から私は筋肉に圧迫法(指圧)や揉捏法(もむ)を行わない。

・私の治療が痛い理由
私の手技は痛みを感じる箇所を探して擦る術式である。痛みを感じる箇所は古傷や縮めている箇所(拘縮、萎縮、収縮などの軟部組織の問題)である。何十年も昔の突き指の跡だったりするので本人でも忘れていたり無意識のことが多い。健康体でも痛みの箇所は無数にあり、数が多ければ多いほど私の治療を痛いと思う。中には痛みの箇所が多すぎて治療後脱力してしばらく寝てみえる方もある。

・僅かな炎症は薬
治療後、皮膚に痛みが残ることがある。軽擦法(軽く擦る方法)の摩擦刺激による軟部組織の炎症である。私の治療ではこの僅かな炎症を必要とする。固めていた組織に炎症がおこると血液が集まり組織の修復が行われると考えているからである。西洋医学的には炎症を悪と考え抑えてしまう傾向にあるが、私は治癒のはじまりであり僅かな炎症も薬だと思っている。

・自らが治す
施術されることが主になってはいけない。筋肉の主張は自分が無意識であったとしても自らの主張に違いない。自らが主張しなければゆるむのである。しかし、主張を取りやめるには様々な問題があり解決しなければならない。その様々な問題を日常生活の中で解決していくことが根本的に身体を変えていくことだと私は考える。施術後、病気や症状がおこっている理由を説明し日常生活の注意事項をお話しする。たいていの方は治療間隔を2週間以上空けていただき組織の修復を待ちながら注意事項を実践していただく。

・「ゆるめること」「ほぐすこと」
ゆるめる(緩める/弛める)はゆるむようにする意。「ネクタイ、帯をゆるめる」。ほぐす(解す)はもつれたものを別々にする、ほどく、こりかたまったものをやわらかくする、こまかくわける意味。「糸のもつれ、肩のコリ、魚の身をほぐす」。施術における「ゆるめる」は全体、「ほぐす」は部分の意味を指す。

・「身体をゆるめる」
身体をゆるめることは大切だ、しかし固さを残すことはもっと大切だ。身体をゆるめるということは身体各部がそれぞれの役割を果たせる状態にするということ。身体は各部の筋肉を固められると神経・血管系の圧迫、関節運動制限、骨格位置を崩し内臓系にまで影響を及ぼし様々な問題を提示する(病気、症状、身体の固さなど)。そこで、身体の問題提示に対し固い筋肉をゆるめれば問題を解決できるのではと安易に考えてしまう。しかし筋肉をゆるめると解決するのか、筋肉を使えるようにすると解決するのか、どのように使うから筋肉が固まるのか、なぜその筋肉を動かさなくなったのかなど総合的に考えなくては役割を果たせる状態にはならない。部分(ある固い筋肉)をゆるめれば、その影響は他の部分(他の箇所)に出る。部分と部分は互いに関係しあい全体を固める。それらの相互関係を診ながら身体をゆるめる必要がある。

*加筆、修正中

兵庫県の主婦の方へ

昨夜、兵庫県の主婦の方から大阪セミナー申し込みのメールをいただきましたが記入いただいたメールアドレスが違うのか「受付メール」を返信することができません。

連絡先の記入がありませんでしたのでお電話することもできません。

このメッセージに気づかれましたら再度アドレスを確認して申し込みメールをお送りください。よろしくお願いいたします。

*その他にも申し込みをされた方で「受付メール」が届いていないようでしたら再度アドレスを確認の上申し込みメールをお送りください。

2010年1月25日 (月)

第19回骨盤おこし(構造動作トレーニング)東京セミナー

2010年2月の【技アリ企画】「骨盤おこしセミナー」のお知らせです。
立つ、歩く、走る、座るから足指、手指と体全体の関係など、構造動作トレーニングから本当のからだが見えてきます。
2日間ありますが、そろぞれ単独のセミナーです。ご都合の良い日にご参加ください。

              ◆

「骨盤おこしトレーニング」(pelvis mechanical training)は中村考宏・えにし治療院院長が提唱している、構造動作「Anatomical Activity」理論を背景にした関節トレーニングです。
http://blog.eni4.net/nakamura/2009/08/aa-e050.html

〈講師からひとこと〉

「骨盤おこし」とは後傾している骨盤を立たせる、或いは前傾させることの意味です。
「骨盤後傾」とは骨盤を後に傾けた状態です。
骨盤を後傾さ せて動く(身体操作)と重心が後に残ったままなので、多くの筋肉の力が必要です。
多くの筋肉の力は関節運動を妨げ、動き(身体操作)にブレーキをかける のです。
身体の硬い人、怪我の多い選手、腰痛のある人などなど・・。
関節運動を妨げていませんか?
実は、自分が骨盤を後傾させている、ということに 気づいていない!
是非、確認してみてください。
ブレーキに気づいた瞬間から、動き(身体操作)は変わります。

※中村考宏先生の動画
http://www.youtube.com/user/nihogiriz#p/a/u/0/vKIrHmu_Kww

              ◆

◎【技アリ企画】第19回骨盤おこし(構造動作トレーニング)東京セミナー

■講師:中村考宏/治療士(柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師、AAスポーツトレーナー)

【一回目】
●日時:2010年2月27日(土) 13時30分~16時30分(13時から受け付け)
●定員:25名
●会費:3000円
●会場:築地社会教育会館 洋室1号
 東京都中央区築地4丁目15番1号
 電話 03-3542-4801・03-3542-4802
 http://chuo-shakyo.shopro.co.jp/tsukiji/index.php

【二回目】
●日時:2010年2月28日(日) 13時30分~16時30分(13時から受け付け)
●定員:25名
●会費:3000円
●会場:新川区民館 1+2号室
 東京都中央区新川一丁目26番1号
 電話 03-3551-7000
 http://www.pb-k.jp/city.chuo.7kuminkan/shinkawa.html

※部屋は「半身動作研究会」の名前で借りていますので、ご注意ください。
※会場までの道が迷いやすいようですので、会場の電話番号をメモしてお出かけください。
※場所を借りているだけなのでセミナーの内容などの問合せはしないでください。

●申し込み
件名に「第19回骨盤おこし申し込み」と書いて
世話人のhanmidosa@gmail.com(中島章夫)へメールでお願いします。 

そのとき、
「参加希望日(一回目、二回目)」
「氏名」
「住所」
「Eメールアドレス」
を明記してお申し込みください。

【参考ブログ】
身体の研究〔からだのけんきゅう〕の骨盤おこし関係の記事
http://takahiro-n.cocolog-nifty.com/nakamura/cat20782567/index.html

2010年1月23日 (土)

個人指導in東京

昼から東京へ向かいます。
初日個人指導、翌日骨盤おこし「構造動作」セミナーの予定です。
東京でのセミナーは2年目になり常連組の理解度が増してマニアックな内容も増えてきました。もちろん、初参加者も多いので基本はしっかり押さえながら進めていきます。今日ははじめての個人指導です。それぞれの重心位置、筋肉のテンションのかけ具合、古傷などを確認していきたいと思います。
人気ブログランキングへ

2010年1月21日 (木)

骨盤おこしトレーニング

昨日は2010_01210045 名古屋栄中日文化センターの特別講座「骨盤おこしトレーニング」でした。
今回も多くの方にご参加いただき、アッという間の2時間でした。
受講生は全員女性、ほとんどが主婦の方たち。
積極的に質問してくださる方が多く終了時間をオーバーしてしまいました。^^;;;

昨日の講座は全員が初参加でしたので「骨盤を股関節からおこす」ことを体感していただくことをメインにしました。

まず最初に「自分の股関節を手で示してください!」といった所、全員が「コマネチ!!!」。。。
股関節の正確な位置を示した方は0人でした・・。
股関節が何処かわからなければ動かしようがありません。坐骨結節を両手で確認し下を向かないように股関節から上体を折りたたむのですが、腰椎で反ったり曲げたりしてしまう。

皆さん、健康のためにスポーツや体操、様々な運動をしてみえます。
身体の不調を改善するための努力をされている方もたくさんみえます。
しかし、動作方法に対し理に適った身体動作を行わなければ思うような効果を得るのは難しいでしょう。
せっかく努力してみえるのだから、ご自身の行っている運動の中で骨格の位置を意識してみてはいかがでしょうか。
新しい発見があるはずです。^^

増設した次回の特別講座もすでに定員に達したそうです。
できるだけニーズにお応えできるよう努力いたします。
ありがとうございました!

人気ブログランキングへ

2010年1月19日 (火)

1月も・・

1月もあっという間に半分が過ぎた。
今週は栄中日文化センター、東京骨盤おこし「構造動作」セミナーがつづく。
正月気分からすっかり平常に戻ったようだ。

先日は久しぶりに山道を歩いた。
坂道下りダッシュが利いたのか足首が筋肉痛・・。
それとも!?
身体がなまっているのかぁ?
ボール投げもいい感じになってきたと思っていたが、肩の固さが気になってきたし・・。
まぁ、現時点の可動域分の動きだから・・。

さぁ、床屋へ行ってさっぱりしました!

人気ブログランキングへ

2010年1月13日 (水)

首のしわが深くなる季節

3/3栄中日文化センターの特別講座は定員に達したそうです。ありがとうございました。

今朝は雪が吹雪いていました。
本当に今年は寒いですね。
寒さで身体を丸めてしまうと首のしわが・・。
首のしわが深くなる季節です!

首のしわは頭と身体の位置と関係があります。
位置関係を崩すと皮膚が弛んでしわになる。
実は私にも深いしわが1本と薄くなったしわが1本あります。^^;;;
これでも、かなりしわが薄くなったのですが・・。
顎を引きすぎてしまう癖、癖、癖。。。
昔は骨盤を後傾させすぎていて猫背がきつかったものですから、まだ名残があるようです。

頭と身体の位置関係は健康,運動、両面においてとても重要です。
首の前面にしわができる頭と身体の位置関係は呼吸器、循環器などを圧迫し呼吸を浅く酸素量を不足させます。想像しただけでも身体に悪そうな感じがしますよね。
頚・腕神経叢の圧迫や頚前面・胸筋の収縮により関節運動にブレーキをかけてスムーズな動きをさまたげ、運動中の身体の故障の原因になります。

身体操作を行う際、頭と身体の位置関係が崩れているということは軸が崩れているということです。
頭がぶれたり軸が崩れていては正確な動作表現ができませんね。
動きに優れたアスリートやダンサーの頭の位置は首にしわができない位置でしっかりキープされています。

頭と身体の位置関係の理想は頭・胸・腹が定位置に収まること、すなわち頭蓋骨・背骨・骨盤の骨格位置関係を定位置に収めることなのです。

まず、難しく考えないで首にしわができないよう頭の位置をキープしてみてはいかがでしょうか。きっと、身体が喜んでくれると思います。^^

人気ブログランキングへ

2010年1月12日 (火)

「右は乗せる、左はためる」

今朝は胸が筋肉痛~。^^;;;
表層の大胸筋というよりは関節付近の肋間筋の筋肉痛で胸が割れる感じ。^^
昨日はいい感じで身体を動かすことができた!

昨日はお天気がよかったので河川敷で投げる練習。
いまいち感覚がつかめないので左投げにも挑戦。
更に難しい・・。
幼児投げが混じるぞ・・。
・・。
右投げと左投げはやっぱり違うんだなぁ~。

フットボールと3WAYを併用し投球動作の確認を半日繰り返した。
夕方、息子が野球の練習から帰ってきたので私の投げ方を見てもらう。
(´,_ゝ`)プッ

ちょっと吹き出し、左は幼児投げが入っているという。
そう簡単ではないわな。。。。
・・。

「右は乗せる、左はためる」

何となくそんな感覚があります。
まぁ、今朝の筋肉痛からみてもそれほどおかしなことをやっているわけではないと自分に言い聞かせている。^^
楽しいので根気に練習したいと思います!

人気ブログランキングへ

2010年1月 9日 (土)

3WAYトレーニングボール

昨日は滋賀県近江八幡市に行ってきました。
伊吹山付近は雪が多いのにビックリ。
除雪車が作業をしているのでノロノロ運転・・。
地域によってずいぶん景色が違うのですね。

さて、フットボール投げですが難しい・・。
今後の課題ということで・・。
遠投で、きれいな放物線を描くような球筋を身体で覚えたいと思います。

まずは3WAYトレーニングボールを真っ直ぐに・・。
これも最初は苦労しました。
きれいな放物線を描くような球筋にならない・・。
最近はちょっとはマシになってきましたが、まだ危うい。^^;;;
遠投の練習にいいそうです。

Move5589_gdt3wb

人気ブログランキングへ

2010年1月 7日 (木)

投球動作

あけましておめでとうございます。

ブログをアップするのが遅くなってしまいました・・。
年末年始メッセージやお手紙を下さった皆さまありがとうございました。
小学校は新学期がスタートしたようですが、この地区は2学期制なので新学期ではありません。^^;;;
今朝も雪がちらつき寒い日がつづいておりますが、体調を崩さないようお気をつけください。

えにし治療院ホームページ

さて、今年は治療に専念したいと思っています。
ここ数年、動作に注目し痛みと動作の関係性が繋がりつつあります。
身体の自然性と身体動作のメカニズムを治療に生かしていきたいと考えています。
そこで、動作に挑戦!
私自身、積極的にキャッチボールに挑戦してみたり・・。
とか・・。
単に父親してる???
柔道しかしてこなかったのでボールを投げることが難しい~。^^;;;
私は右投げなので左腕の使い方や体重移動が・・。
身体が言うことを聞かない~。
頭で考えすぎ・・。
でも、自分自身が取り組むことで発見が多いです。
息子のチームには故障を抱えている子が多い。
理由がわかりやすくなりました。^^
父親するのもいいですね!

昨日からフットボールを投げる練習をしています。
むずかしぃ~~~~。^^;;;
真っ直ぐいかないぞぉ。
今朝は腹が筋肉痛って・・。

ブログもボチボチアップしていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。
ご意見等ありましたらメッセージお待ちしてます。

人気ブログランキングへ

2010年1月 1日 (金)

2010年講座、セミナー

えにし(=中村考宏)のセミナー講座

8/18,28,29 構造動作基礎トレーニング愛知セミナー 詳細

構造動作トレーニング愛知セミナー
9月18(土):骨格と重心位置の関係
9月19(日):筋力運動と関節運動の関係 詳細

9/25 9/26 第四回構造動作トレーニング東京セミナー 詳細

  • 4/11(日)えにし治療院セミナー 詳細満席
  • 4/4(日)桃花台中日文化センター特別講座「骨盤おこしトレーニング」0568-78-1277終了
  • 栄中日文化センター 
    特別講座「骨盤おこしトレーニング」3月3日(水)15:30~17:30
    満席
    http://www.chunichi-culture.com
  • 2月7日大阪セミナー終了
  • 栄中日文化センター 
    特別講座「骨盤おこしトレーニング」1月20日(水)15:30~17:30満席
    http://www.chunichi-culture.com

身体の治し方(姿勢センターJAPAN)
股割り(MATAWARI JAPAN)

--------------------------------------------------------------------

new中島章夫先生講座 詳細
http://ebisukeiko.ld.infoseek.co.jp/index.html

http://hanmidosa-waza-ari.cocolog-nifty.com/blog/

・村松尚登氏 FCバルセロナ・フットサルクリニック
http://www.fcbescola-fuk.jp/

・鷲野鋭久先生資料室
http://homepage3.nifty.com/tobishima/bskt/

お問い合わせをして3日経っても返信のない場合はお手数をおかけしますが、再度メールフォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=116944)を送信ください。
よろしくお願いいたします。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

えにしのつぶやき

  • 今日のつぶやきは・・。
フォト
無料ブログはココログ