« 股割り!@第19回骨盤おこしセミナー | トップページ | MATAWARI 虎の穴 »

2010年3月 6日 (土)

立位体前屈の重心移動

Rituitaizenkutu_3

立位体前屈はセミナーや講座などで股関節の屈曲運動の方法として紹介させていただいている。一般的な立位体前屈の運動方法には誤解がある。誤解とは膝の裏を伸ばすこと、お尻を引くこと、腰から曲げることだ。この要素を複合させ可動域をつくっている。

立位体前屈の運動方法は股関節から上体を屈曲する。正式には股関節から携帯電話を折りたたむように屈曲するとてもシンプルな運動である。運動を複雑にしてしまう理由としては「重心位置」を考えないことにある。運動とは重心が移動すること。立位体前屈の場合も重心が前方に移動する運動である。重心を後に残したまま運動すると股関節を制限し、いろいろな要素を複合させて可動域をつくるしかない。このような運動方法は身体を壊してしまうので気をつけたい。

人気ブログランキングへ

« 股割り!@第19回骨盤おこしセミナー | トップページ | MATAWARI 虎の穴 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立位体前屈の重心移動:

« 股割り!@第19回骨盤おこしセミナー | トップページ | MATAWARI 虎の穴 »

えにしのつぶやき

  • 今日のつぶやきは・・。
フォト
無料ブログはココログ