« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月29日 (土)

大腰筋と腸骨筋のメカニズム

第一回構造動作(アナトミカル・アクティビティ)トレーニングセミナー開催にあたり、大腰筋と腸骨筋のメカニズムについて述べてみよう。

日本人はネコ背の人が多い。
ネコ背姿勢は骨盤が後傾している。
「骨盤後傾」は、足の付け根である股関節(ヒップ・ジョイント)を動かすための筋肉を固めてしまう。股関節を動かすための筋肉は大腿前面筋群、内転筋群、ハムストリングス、殿筋群(大殿筋、中殿筋、小殿筋)、外旋六筋、腸腰筋(腸骨筋・大腰筋・小腰筋)など。私たちは股関節にブレーキをかけ続けることで、人体構造上様々な問題に直面しているのである

問題の解決は、まず「骨盤立位」に正すこと。
そのトレーニング方法としていくつかの「骨盤おこしトレーニング」を紹介した。「骨盤おこし」は単に骨盤だけを修正するものではなく、腹、胸と胴体をワンセットとしてトレーニングするものである。足の付け根は股関節(ヒップ・ジョイント)なのだが、股関節を動かす筋肉は腹のレベルまで付着している。ここでは述べないが、腕を動かす筋肉も腹のレベルまで付着していることから胴体をワンセットとしてトレーニングする必要がある。

股関節を動かす筋肉で腹のレベルまで付着している筋肉には腸腰筋(腸骨筋・大腰筋・小腰筋)がある。「骨盤後傾」では腸骨筋が伸長、大腰筋と小腰筋が収縮で固められている。固めた腸腰筋を解除するためには、骨盤と腹の関係、強いては胸を含めた胴体の関係を正さなければならない。

腸骨筋

〔起始・経過〕腸骨の上縁および内面(腸骨窩)から起こり、下内側方に向かう。
〔付着〕大部分は大腰筋の内側に合し、一部分は筋裂孔をへて直接に大腿骨の小転子。
〔作用〕大腿骨を、外側方に転ずる。

Daiyoukin

日本人体解剖学第一巻医学博士金子丑之助著

大腰筋

〔起始・経過〕深・浅2頭を区別し、先頭は第12胸椎~第4腰椎の椎体および肋骨突起から起こり、深頭はすべての腰椎の肋骨突起から起こる。ついに、両頭は合して下外側方に走る(両頭の間には腰神経叢があり、両頭をへだてる)。
〔付着〕筋裂孔をへて、大腿骨の小転子。
〔作用〕股関節を屈し、大腿骨を前上方に挙げ、同時に外旋する。下肢を固定するときは、腰椎および骨盤を前下方に引く。

小腰筋

〔起始・経過〕第12胸椎および第1腰椎の椎体外側面から起こり、大腰筋の前面を下る。
〔付着〕腸骨筋膜に分散し、これとともに腸恥隆起にゆく。
〔作用〕腸骨筋膜を張り、腰椎を外側方にまげる。

参考日本人体解剖学第一巻医学博士金子丑之助著

腸腰筋(腸骨筋・大腰筋・小腰筋)の作用は上記を参考にしてください。

骨盤立位が維持できるようになると、腸骨筋の持続的な伸長状態が解除される。腸骨筋は内臓器等の重みを直接受けやすく持続的な伸長状態で固められていることが多い。内臓器が腸骨筋の負荷となる理由のひとつに大腰筋の持続的な収縮状態がある。腰椎を前下方に引くことで腹腔内が狭窄状態になり腹腔内圧が低下し内臓器は下方に落ちるのだ。大腰筋の持続的な収縮状態を解除するのには骨盤立位に加え、腹と胸の関係を正さなくてはならない。

腰椎や股関節等に起こる疼痛や機能的問題の多くは、人体構造に即した動きをしないためにおこる。

大腰筋と腸骨筋は「腸腰筋」として働くこと、強いては「身体」として働くことが大切だ。腸腰筋は深層筋であることから、直接的に筋肉を確認することは難しい。しかし、「身体」として骨格位置等確認すれば容易に「腸腰筋」の状態を把握することができる。何か身体にぎこちなさを感じたら、部分(腸骨筋や大腰筋)のトレーニングではなく、全体(身体)のトレーニングがいい。自分自身(身体)がより理解できるだろう。

文責 中村考宏
*掲載されたすべての内容について、無断転載、盗用等をを禁じます。

身体の治し方(姿勢センターJAPAN)
股割り(MATAWARI JAPAN)

Daiyoukin1_2 書名  :Grant's METHOD of ANATONY Tenth Edition
      著者  :J.V.BASMAJIAN
      出版社 :Williams&Wilkins

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

2010年5月27日 (木)

【骨盤おこし】第22回セミナー1

中島章夫先生のレポートです。

1498414077_224s 1498414077_131s 1498414077_36s

5月22日、23日は22回目の骨盤おこしセミナーだった。
いつにも増して個性的な人たちが参加して、大変おもしろいセミナーだった。
ムエタイ、ヨガ、空手、自転車ライダー、お琴の奏者、ボルダラー、和太鼓奏者、ダンサー、卓球、治療家、スタイル良くしたい人、ただただからだが硬い人などなど。
もちろん誰だってそれぞれの課題や問題を抱えていて個性的なのだけれど、特に印象的だったのがただただ硬い人。
この人の希望は「普通の人みたいにエアロビをやってみたい」というのであった。つまりアップの体操からしてもう無理なのだそうだ。切実な問題である。

ただその人は股関節が硬いのかというと、それ以前に股関節から動くということをやっていない、やり方がわからなくなっていた、ということなのであった。
そのため骨盤おこし式立位体前屈や、腿裏を両腕で抱いての前屈運動をやっていくと、「普通の人」ぐらいに前屈ができるようになった。
姿勢も猫背が解消され胸板が厚くなってしまった。もともと大きな人だった明らかに背が伸びた。これも猫背がかなりひどかったためだ。

こういう大きな変化は、この人が「からだが硬い」と思い込んでいて運動をやってこなかったことも関係しているかもしれない。
むしろ運動をやっている参加者の方が、あたらしい動き(股関節運動)に切り替えるのに苦労しているようだった。運動によって好ましくない動きを強化しているためだ。
それでも「運動の方向性」さえ間違わなければ、根気よく取り組む事で変化していくだろう。この「運動の方向性」を知ることが、セミナー参加の意義のひとつである。これを間違えると一所懸命やるほどに、悪い癖がついてしまうことになる。

空手の人が股割りトレーニングを諦めずに長時間(おそらく10分以上)取り組んでいたのもびっくりした。
このトレーニングは大変厳しいので、途中で根を上げてしまう人がほとんどなのだ。
えにし先生は「もっと押す、もっと押す」とけしかけて、「諦めたときが終わるとき」と言うが、なかなかそうはいかないのだ。
骨盤おこし式の股割りはフォームが厳密で崩してはいけないのだが、諦める以前に苦しくてそのフォームが崩れてきてしまう。そうなると「諦める」以前に続けてもからだに無理がかかってくる。えにし先生に言わせれば、このフォームの崩れ自体が「諦めたこと」になるのかもしれないが。
この空手の人は、フォームもなんとか維持しつつ前屈し続けて、お腹が床に着くあたりまで持って行ってしまったのだから大したものだ。もう額から汗がしたたり落ちていたが。
それに励まされて、この回では股割りに熱心にチャレンジする人が多数いた。きついのだが、目標がはっきりしているので挑戦しがいのあるトレーニングである。

今回もいろいろ気付くことがあったが、それは次の日記で。

人気ブログランキングへ

2010年5月25日 (火)

AA式 ゆっくり走りのすすめ

AA式 ゆっくり走りのすすめ

中井理恵(ダンスジャルダン大森山王ステュディオ主宰)

Anatomical Activity(AA) 理論とは、人間の解剖学的「身体構造」から見た必然的姿勢・動作の研究、またそれらに体現するトレーニング方法を追及した理論です。AA研究会は中村考宏(愛知県 えにし治療院院長/AAスポーツトレーナー)が主宰し、東京でも毎月セミナーを開いています。受講生は、スポーツ選手、ダンサー、武術家、音楽家、ヨガ等インストラクター、俳優、医師、身体の不調を訴える一般の方・・・と多岐にわたります。

私共のDance Dynamics(DD)と、立ち方、足の使い方等に共通点が多いことから、身体の研究をしている専門家による理論的な裏付けであると考えて勉強させて頂いています。

<<AA理論の主な研究テーマ>>

  1. 骨盤おこしポジション
  2. 骨盤おこし運動
  3. 連動伸張反射(in-sync stretch reflex)
  4. 立つ、歩く、走る基本動作
  5. 各種動作(専門分野による)

このセミナーの中で、特にスポーツ選手向けのトレーニングの1つとして紹介されたのが、ゆっくり走りです。

「ゆっくり走る」

正しい姿勢と足の使い方に気をつけて、ゆっくり走ってみましょう。

背中が緩み、脚の余分な力が抜けて、股関節が動きやすくなることを確認して下さい。

ウェイト(重力)による運動を感じながら、「沈むと浮く」「弾む」などの感覚を楽しめるようになると、ダンスのトレーニングとして最適です。

次の5項目の注意点について、自分の身体を確認しながら、とにかくゆっくり走る。ゆっくり!*60メートルを120歩で1分ペース、歩いている人にどんどん追い越されるぐらいに。

①骨盤をおこして胸を出した体幹部をキープする。
「骨盤をおこす」とは後傾している骨盤を立たせる、或いは前傾させることです。
骨盤を後ろに傾けた骨盤後傾では「坐骨結節」が下を向き(写真1)、重心が後ろに残っているため、体を動かす為には多くの筋肉の力が必要です。関節運動を妨げ、動きにブレーキがかかり、地面をける運動方法となります。従って筋力が疲労しやすく故障しやすくなります。
骨盤をおこした骨盤立位では「坐骨結節」は真後ろを向き(写真2)、太ももの前面(大腿四頭筋)はゆるんでいます。この状態では股関節が動きやすく、ウェイトを使う運動方法が可能なので運動効率がよくなり、疲労しにくいのです。

骨盤を右横から見た参考図
(写真左・・・骨盤後傾)(写真右・・・骨盤が正しくおきている)

Kotuban70 Kotuban_2 

おこした骨盤の上に上半身を立たせる時、注意することは、腰で反らないことです。腰で反らないように腹圧をかけ、胸骨の柔らかさを利用して、頭と胸部を斜め前方に引き上げるようにします。腰や首の骨を曲げる事で、胸骨の動きの不足を補ってしまう傾向があります。従って胸骨が柔らかくするようにトレーニングする必要があります。
*背中の方に丸め、鎖骨の中心が斜め上方に向くよう胸を出す動作を繰り返す。
*肩甲骨を引き寄せて胸を張らないように注意が必要。

②頭は首にしわが寄らない位置をキープする。
①の骨盤を起こした状態を横から見て、頭のラインと背骨のラインが真っすぐに、首の付け根でくの字におれないようにします。

③腕は力こぶを正面に向けて前腕は肘の関節から回内させておく。
腕は鎖骨(胸鎖関節)から揺れて肩甲骨が踊りだすように、リズムよく♪
腕や肩の力を抜く為に、腕の位置は力こぶが正面を向くようにし、肘の外側の関節から肘から先を内側に向けます。(腕に力を入れない為に、脇を開かないように、また無理に閉じようとしめないこと。)鎖骨や肩甲骨から腕の動きの連動が可能となってきます。

④股関節幅に立ち、つま先はやや外側を向き、膝は遊ばせておく。膝の向きは足指の薬指方向にあわせる。
股関節のつき方に対して自然な立ち方。
特に膝の向きが内側にならないように注意します。

⑤着地は「土踏まず」を踏まない。フラット接地を心がける。足裏は背屈。
「土踏まずを踏まない」とは文字通り土踏まずを踏まない。つまり、土踏まずに体重をかけて足底アーチを崩さない。土踏まず側の内側加重は膝が内に入り膝関節の故障の原因にもなるし、股関節を外に回転させたい時にブレーキとなり、股関節の動きを制限してしまいます。(脚は第二の心臓ともいわれるが、土踏まずを踏んで足底動静脈・後脛骨動静脈を圧迫し血流を阻害してしまっては心臓に負担がかかり健康に悪い。)
「フラット接地」とは、母趾を除く4趾のMP関節接地のことをいいます。重心はここにかかっています。
「足関節背屈」は、脛の筋肉の収縮力を使い、床を蹴らないで走るために重要です。

-------------------------------------------------------------

AA式 ゆっくり走り 体験記

「私達も実践しています!」
プロ競技ダンサー 田中一世 葛岡エミ

練習前や試合前のウォーミングアップとして10分間、必ず走っています。

走っている最中は骨盤の向きはもちろん、足関節の背屈、着地する際の足指の接地の仕方、腕の向き、頭の位置、腹圧の確認など、常に自分の身体に注意を払って行うのでとても集中できます。

走り終わってみると、脚の力が抜け、身体が「ふわふわ」と軽くなっている。
この感覚だと脚や腕に余計な力が入らず、最初から軽々と踊ることができます。また同じ練習量でも以前と違って疲れにくくなりました。

試合当日の練習時間はフロアが込み合い、組んで踊る練習はなかなか難しいものです。限られたスペースと時間内でいろいろ確認しようと気持ちばかりが焦ってしまい、しかし身体は思い通りに動いてくれず、ああでもないこうでもないと試行錯誤している内にトラブルに・・そんなカップルを度々目にします。
私達は通路や会場の隅で走っています。歩くよりも「ゆっくり走って」いるのでそれはもう自分達だけの別世界です(笑)。ゆっくり走りで身体が動く準備が出来ているので、気持ちにも余裕が生まれます。

ダンスにおいて心と身体の準備は必要不可欠です。
ゆっくり走りはその二つを繋ぐ一助となってくれます。

本物のダンスを求めて、今日もゆっくり走っています。

--------------------------------------------------------------

構造動作(アナトミカル・アクティビティ)トレーニングセミナー日程

第1回「構造動作(アナトミカル・アクティビティ)トレーニング東京セミナー

これまで22回行なわれたきた「骨盤おこし・構造動作トレーニング東京セミナー」は2010年6月から構造動作(アナトミカル・アクティビティ)トレーニング東京セミナー」 と名称変更します。
二日あるセミナーも「構造動作・基礎トレーニングセミナー」「構造動作・股割りチャレンジセミナー」のそれぞれ違うテーマのセミナーとなります。興味のある方に(あるいは両方でも)ご参加ください。
どちらも初めての方でも参加していただけます。
またこれまで「骨盤おこしトレーニングセミナー」にご参加いただいた方も、引き続きご参加のほどお願いします。
内容に関してはそれぞれの日程をご覧ください。

第1回「構造動作(アナトミカル・アクティビティ)トレーニング東京セミナー」

〈講師からひとこと〉
動作とは「身体」の「動き」ということです。
時代と共に「何か」が変化し、体幹を置き去りにした手足はもはや「四肢」とも言えず、「てさき、うでさき」の動きになっています。
そして、私たちは「身体」ではなく「小手先」で動くことにより「人体構造」上の多くの問題をつくり出しています。

答えは「身体」が知っています!
「身体」は闇雲に探っても応えない。「人体構造」という地図を手がかりに「身体」を辿ってみましょう。
構造「Anatomical」と動作「Activity」という「身体」の道しるべをもとに、骨格位置を見直し、関節運動を確認し「身体」からの応えを聞く。
日常的動作から専門的動作まで、身体の問題や課題を解決する上で、構造動作「Anatomical Activity」トレーニングは力強い味方になってくれるでしょう。

        中村考宏(えにし治療院院長/スポーツ&股割り研究所所長)

中村考宏講師の動画

              ◆

◎「構造動作・股割りチャレンジセミナー」
〈セミナー内容〉
構造動作の中心的なトレーニングである「股割り」をテーマに指導します。
「股割り」や「開脚前屈」、運動能力の向上に興味のある方ならどなたでも参加していただけます。
★参考ブログ股割り(MATAWARI JAPAN)

■講師:中村考宏/治療士(えにし治療院院長/スポーツ&股割り研究所所長)
●日時:2010年6月26日(土) 18時15分〜21時15分(18時受付け開始)
●定員:25名
●会費:3000円
●会場月島社会教育会館 第二和室
東京都中央区月島四丁目1番1号(月島区民センター4階、5階)

              ◆

◎「構造動作・基礎トレーニングセミナー
  〜骨盤おこし、胸割り、股割り、腰割り、趾トレ〜」
〈セミナー内容〉

立つ、歩く、走る、座るなど動作と姿勢(骨格)とを連動させた、構造動作トレーニングの指導を行ないます。
また、姿勢や動作でいま抱えている課題、問題点など、講師に質問してください。
スポーツや介護などのいつもの動作を講師にみてもらい、改善点の指導を受けることもできます。
スポーツなどで使用する道具や、演奏する楽器などを持参していただけばより具体的なアドバイスが受けられるでしょう。
★参考ブログ身体の研究〔からだのけんきゅう〕

■講師:中村考宏/治療士(えにし治療院院長/スポーツ&股割り研究所所長)
●日時:2010年6月27日(日) 13時30分〜16時30分(13時00分受付け開始)
●定員:25名
●会費:3000円
●会場月島社会教育会館 第二和室
東京都中央区月島四丁目1番1号(月島区民センター4階、5階)

※部屋は「半身動作研究会」の名前で借りていますので、ご注意ください。
※動きやすい服装でご参加ください。
※場所を借りているだけなのでセミナーの内容などの問合せはしないでください。

●申し込み
件名に希望するセミナー名、
6/26「股割りチャレンジ」
6/27「基礎トレーニング」
と書いて世話人の中島章夫へメールでお願いします。

そのとき、
「氏名」
「住 所」
「Eメールアドレス」
を明記してお申し込みください。

2010年5月21日 (金)

股割り(MATAWARI JAPAN)ブログ

ブログの股割り記事は、こちらへアップします。

股割り(MATAWARI JAPAN)

治療記事は、身体の治し方へアップします。

よろしくお願いいたします。

------------------------------------------------------------------

☆5/22.23(土日) 東京第22回構造動作基礎トレーニングセミナー(骨盤おこし、股割り、趾トレなど)詳細

☆6/17(木)、6/20(日)特別企画「構造動作基礎・応用トレーニング」えにし治療院セミナー 詳細

------------------------------------------------------------------

大腰筋トレーニングに「ゆっくり走り」

腸腰筋(大腰筋)は走るときに重要な筋肉だといわれています。

腸腰筋(大腰筋)は骨格位置(姿勢)をトレーニングすることで、スムースに働くようになる。

私が皆さんに勧めているのは「ゆっくり走り」です。

「ゆっくり走り」のスピードは、歩く速さの半分くらい。その際、いくつかのポイントを意識しながら30分くらい走ります。そして、走り終わって身体がゆるんでいればトレーニング成功!

しかし、ゆっくり走って身体に効果を出すのは難しい。

特に運動選手は・・。

走りの骨格位置(姿勢)をキープできるようにしてください。

「ゆっくり走れなければ、はやく走れない!」

 

Yukkuri1_2 Yukkuri2 Yukkuri3 Yukkuri4_2 Yukkuri5 Yukkuri6 Yukkuri7

 

Ca3c0366_2

「ゆっくり走り」のポイントは、

 ① 股関節動作

 ② フラット接地

 ③ 重心が運動方向へ移動

①~③のポイントが走りでできれば、腸腰筋(大腰筋)全開です!!!

------------------------------------------------------------------

☆5/22.23(土日) 東京第22回構造動作基礎トレーニングセミナー(骨盤おこし、股割り、趾トレなど)詳細

☆6/17(木)、6/20(日)特別企画「構造動作基礎・応用トレーニング」えにし治療院セミナー 詳細

------------------------------------------------------------------

人気ブログランキングへ

2010年5月17日 (月)

地道@第21回骨盤おこしセミナー

たいさんのレポート。

2010年5月6日木曜日

地道@第21回骨盤おこしセミナー

GWをはさんで書きたい日記がたまっている。
まずは第21回骨盤おこしセミナーに参加した話。

この日はサーフィン、ゴルフ、合気道などの動作についての指導を見ることが出来て興味深かった。

■ゆっくり走り
歩くよりゆっくり走る。
30分ほど走るが、歩くよりもゆっくりなので普段走りなれていない人でも全く問題ない。
股関節が使えて太股の前側ではなく後ろ側(ハムストリング)を使えると30分後に面白い変化が待っている。
「軽い!」「おお!勝手に進んでる!!」
が出てくれば成功。
この感覚が出ないという方もいたが、それは走っているときに太股の前側ばかり使っているということ。

この日のセミナーでは股割りをやらなかったが、最近、股割りをやった直後にこのゆっくり走り後と同じ状態になる感覚があったので、えにしさんに報告しようと思っていた。
股割りの後に立位体前屈をやると嘘のようにスムーズになるのだ。
えにしさんに聞いてみたところこの感覚がでるのはOKらしい。
感覚は良い感じがしていたのだけれど、前傾角度(つまり見た目的)は逆に退化してきていたので、少しだけ不安かかえつつやっていたのだった。
今回それが払拭された。股割りはこの調子で続けます!!

それにしてもロールオーバーまでの道のりは遠い。近づいたと思ったら遠ざかり、遠ざかったと思ったら遠ざかる。
しかし方向さえ間違えなければ着実に近づいているはず。いずれきっと!!

以降はセミナーの内容
■骨盤が真っ直ぐの姿勢
いつもの通り、骨盤が真っ直ぐになる姿勢を確認。
大抵の場合、骨盤は後傾しているので上体を前に倒して骨盤をおこす。
股関節から前傾出来る人はほとんど上体を傾けなくても骨盤が真っ直ぐの位置に持ってくることが出来る
しかし股関節で曲がわずに腰で曲がってしまう人は、床と平行になるくらいまで前傾してもおきてこない事もある。
しかし、このような方でも股関節で動く感覚が出てくればそこまで前傾しなくても骨盤をおこせるようになるのである。

■腹圧をかけるということ
動きすぎな腰椎の動きをおさえ、股関節から動ける手助けをしてくれる腹圧。
腹圧は「ベルトを内側から押し退けるようにお腹を膨らませる。」と説明される。
セミナーでやったのは仰向けに寝たお腹を誰かに両手で体重をかけながら押さえてもらい、
その手を押し退けるように腹圧をかけるというもの。
膨らませる方向にばかり目がいってしまうが、
へこませる方向にも目を向けなければならないらしい。
「たいさんはへこませるほうも膨らませるほうも可動の幅をひろげるように。」
へこませる時(相手の手がお腹にググーっと入ってくる時)にお腹の奥が痛むことがあるが、これは大腰筋の痛みだとのこと。
普段縮ませすぎている影響が出ているらしい。
それはわかったとして、、、大腰筋が伸びる姿勢ってやっぱり腹圧をかけるしかないのかな?!


■真っ直ぐなスネ、スネで立つということ
椅子に座った姿勢でスネを真っ直ぐに立たせる。
スネの真っ直ぐは膝の向きが足の人差し指の方向を向いた位置。
この位置にあるとき、膝の上から両手で体重を乗せられても膝はぐらつかず、重さもほとんど感じない。
この位置を立ってもキープするのだけれど、座って確認するのとは違って骨盤をおこして前重心になる必要があり、
言われた通りの姿勢をとることは難しい。


■足首の背屈、歩くということ
立つ場合にも当てはまるが、スネを真っ直ぐの位置に保つのには足首の背屈が重要である。
背屈がキープ出来ないと膝が内側を向いてしまい、スネが真っ直ぐにならないのだ。
これはえにしさんには未確認の私の感覚だが、背屈をキープするには股関節の内外旋可動域が必要に感じる(もちろんこれだけではないと思うが)。
以前、足首が固くて踵をつけたまましゃがめないと言っている方に、
膝を広げてしゃがんでもらったところ見た目に改善されたことがあった。
内外旋可動域を広げるには『股割り』である。
やはり『股割り』を地道にやっていくということで良さそうだ。

人気ブログランキングへ

2010年5月16日 (日)

腹圧前進

5/16(日)えにし治療院セミナー終了いたしました。
ハイジさん、うららさん、鈴木君、ちえこさん、優さん、皆さまお疲れ様でした。

今回、印象的だったのは「腹圧前進」でした。
飛騨の優さんの腹を羽交い絞め!
膨らませて~~~。
お腹は縮めると重心は後に、膨らますと重心は前に移動します。
この原理をしっかり、覚えましょう!
身体でね。^^

腹筋群の収縮運動をしすぎて「蟹腹」にしないでね!
特に運動選手は気をつけてください・・。
後重心での運動は身体を壊しますから。

運動は重心の移動!

さぁ! 「腹圧前進」を使って MATAWARI だぁ~~!!!

ハイジさぁ~ん!

201005160005

鈴木くぅ~ん!

201005160022

バックドロップ~~~~~~。
って・・。
冗談です。
今日の参加者方にジョークでした。^^

201005160029

ハイジさん手作りチョコレートケーキご馳走様でした!

あっと! おまけに奇跡のばあちゃんを・・。

201005160038

どうだぁ~~~~。
ばぁちゃんだぞぉ~~~!

もうひとつ! おまけ!!
特別大サ~ビス♪
この記事の写真に少しでも写っている方には「new縁Tシャツ」をプレゼントしますね!!!
また、サイズを教えてくださいね~。
お楽しみに。^^

次回6月のセミナーは「特別企画」で2日間ご用意いたしました。
6/17(木)構造動作基礎トレーニング
6/20(日)構造動作応用トレーニング

是非、ご参加ください。

人気ブログランキングへ

AA基礎・応用トレーニングセミナー

6月のえにし治療院セミナーのご案内です。
リニューアルオープン記念企画として2日間開催いたします。

Eniss1 Eni4s2 Eni4s3

☆6/17(木)えにし治療院セミナー:構造動作「Anatomical Activity」理論に基づく基礎トレーニングセミナー(ハイジさん参加)受付終了しました

☆6/20(日)えにし治療院セミナー:構造動作「Anatomical Activity」理論に基づく応用トレーニングセミナー(鈴木くん参加)

「「構造動作「Anatomical Activity」理論に基づく(基礎応用トレーニングセミナー」」
骨盤おこし、胸割り、股割り、腰割り、趾トレなど

【講師からひとこと】

動作とは「身体」の「動き」ということです。
時代と共に「何か」が変化し、体幹を置き去りにした手足はもはや「四肢」とも言えず、「てさき、うでさき」の動きになっています。
そして、私たちは「身体」ではなく「小手先」で動くことにより「人体構造」上の多くの問題をつくり出しています。

答えは「身体」が知っています!
「身体」は闇雲に探っても応えない。「人体構造」という地図を手がかりに「身体」を辿ってみましょう。
構造「Anatomical」と動作「Activity」という「身体」の道しるべをもとに、骨格位置を見直し、関節運動を確認し「身体」からの応えを聞く。
日常的動作から専門的動作まで、身体の問題や課題を解決する上で、構造動作「Anatomical Activity」トレーニングは力強い味方になってくれるでしょう。

1日目、基礎トレーニングセミナー
・日時:6月17日(木)12:00~15:00(終了後希望者でお茶会)
・参加費:5000円
・定員:少人数限定
・服装:軽く動ける格好
・場所、えにし治療院 スポーツ&股割り研究所 
受付終了しました

●2日目、応用トレーニングセミナー
・日時:6月20日(日)12:00~15:00(終了後希望者でお茶会)
・参加費:5000円
・定員:少人数限定
・服装:軽く動ける格好
・場所、えにし治療院 スポーツ&股割り研究所 

・申し込み
「基礎参加」「応用参加」「基礎応用参加」と書いて必要事項を明記し下記メールフォームをお送りください。
メールアドレスの間違えで「受付メール」が返信できない場合がありますので電話番号も明記ください。
http://form1.fc2.com/form/?id=116944
*質問、ご自身の課題のある方ご参加ください。

・アクセス
〒496-0874 愛知県津島市江西町4-159 電話0567-24-1243
電車の場合は名鉄名古屋駅から津島線で津島駅下車。タクシーで5分ぐらいです。
車の場合は名古屋高速千音寺ICか東名阪弥冨ICで降りると便利です。

参考:構造動作「Anatomical Activity」理論
http://blog.eni4.net/nakamura/2009/08/aa-e050.html

2010年5月13日 (木)

身体の治し方(えにし治療院のブログ)

お天気なのですが、風が強く寒いですね。

いつも、アクセスしてくださる皆さまありがとうございます!

ブログも長年続けているとテーマがごちゃごちゃに・・。
そこで、身体の研究ブログは構造動作理論・身体操作等の記事専用に、えにし治療院・治療関係・雑感等の記事は新たに、

身体の治し方(えにし治療院のブログ)http://ameblo.jp/eni4/

つづっていくことにしました。
えにし治療院・治療関係に興味のある方は、お手数ですが

「読者登録」

「アメンバー登録をする」

をお願いいたします。

ココログブログと違って記事の公開範囲を設定できるようなので、「治療」関係のことはアメブロ読者のみの公開とさせていただきます。

今後ともよろしくお願いいたします。

ツイッター http://twitter.com/eni4_net  つぶやいております。
えにし治療院ホームページ http://www.eni4.net  もよろしくお願いいたします。
お問い合わせ、ご予約は http://form1.fc2.com/form/?id=116944  こちらへお願いします。

5/16(日)えにし治療院セミナー
5/22.23(土日)骨盤おこし・構造動作(AA)セミナー

参考:構造動作「Anatomical Activity」理論
http://blog.eni4.net/nakamura/2009/08/aa-e050.html

2010年5月12日 (水)

施術の流れ

お天気だが、風が強く寒い。
今朝は大失敗・・。_| ̄|○
いただいていた治療の予約メールを削除してしまっていた・・。
お電話で謝罪。 m(_ _)m
PCの扱いも慎重に行います。
メール返信が2~3日経っても来ないようでしたら、お手数ですがお電話をください。
よろしくお願いいたします。

えにし治療院の施術の流れについて説明します。

お電話かメールフォームにて施術日のご予約をします。
その際、新規の方はご自身の症状や病歴などをお知らせください。

ご予約の施術日は気をつけてお越しください。
駐車場のことはご心配なく!

③えにし治療院の玄関でスリッパに履き替え待合室のソファーで一服ください。
新規の方は問診表のご記入をお願いします。

④さて、問診開始!
現在の状況と過去の状況を確認させていただきます。

⑤施術を行います。
全身の筋肉のテンションなどを確認しながら軽く擦っていきます。
症状の関連部分をゆるめていきますが、症状と関係のある部分は軽く擦っても痛く感じます。(治療経過と共に痛く感じる部分が少なくなります)

⑥施術が終了したら、問診・触診を踏まえて現在の症状に最低限必要な運動療法や日常生活の注意点をお話します。*必ず、実行してください。^^

⑦次回の予約を入れたら(都合がわからない場合はお電話かメールフォーム)気をつけてお帰りください!

☆えにし特典1! 見事に症状を克服された方には「えにしオリジナルTシャツ」をプレゼントしています。
☆えにし特典2! 既に健康管理でかかられている常連さんには、えにし院長の思いつきでリニューアルされる「最新!えにしTシャツ」をプレゼント。
☆えにし特典3! いつもご紹介くださる常連さんには「えにしオリジナルグッズ」をプレゼント(トートバックは終了しました)。

えにしマークばかりですいません。^^;;;

アメブロはじめました。→えにし治療院専用ブログ http://ameblo.jp/eni4/

参考:構造動作「Anatomical Activity」理論
http://blog.eni4.net/nakamura/2009/08/aa-e050.html

5/16(日)えにし治療院セミナー
5/22.23(土日)骨盤おこし・構造動作(AA)セミナー

人気ブログランキングへ

2010年5月11日 (火)

身体の応え

動作とは「身体の動き」ということだ。
時代と共に「何か」が変わってきたのか、「体幹」を置き去りにした「手足」は「四肢」ともいえず「てさき、うでさき」の動きになっている。
そして、私たちは「身体」ではなく「小手先」で動くことにより「人体構造」上の多くの問題をつくり出している。

応えは「身体」が知っている!
「身体」は闇雲に探っても応えない、「人体構造」という地図を手がかりに「身体」を辿ってみよう。
構造「Anatomical」と動作「Activity」の「身体」の道しるべをもとに、骨格位置を見直し、関節運動を確認し「身体」の応えを聞く。
自身の問題や課題により補足的なトレーニングも必要になるだろう。
構造動作「Anatomical Activity」トレーニングは力強い見方になってくれるはず。

参考:構造動作「Anatomical Activity」理論
http://blog.eni4.net/nakamura/2009/08/aa-e050.html

5/16(日)えにし治療院セミナー
5/22.23(土日)骨盤おこし・構造動作(AA)セミナー

人気ブログランキングへ

2010年5月 8日 (土)

地道@骨盤おこしセミナー

昨日の大雨が嘘のよう、今日は天気良すぎ!
治療院の隣の建物の取り壊しが連日行われている。
朝から・・。
もう、終わったかなぁ???

息子の菜園の苗たちは、どうやら土に馴染んだよう。
あれっ。羽あり!?
隣から大量の羽ありが風に乗って治療院を突撃だぁ~。
窓閉めてぇ~~!

たいさんの骨盤おこしレポートを発見!
マメに稽古レポートを書いてるなぁ。

私も豆にブログを書かなくては・・。

5/16(日)えにし治療院セミナー
5/22.23(土日)骨盤おこし・構造動作(AA)セミナー

人気ブログランキングへ

2010年5月 6日 (木)

腹圧腹筋

ゴールデンウイークが終わりました。
今年もしっかり暑くなりました。
休みに、息子の菜園に植える苗や種、培養土などの買い物に付き合いました。
夢はプロ野球選手を引退したら農園をやる!
って、ホームセンターでお小遣いを使い切っちゃったよぉ・・。
トマト(6種)、キュウリ、ナス、ヘチマ、ヒョウタン、トウガラシ、セロリ、ブロッコリー、メロン、スイカ、バジル、枝豆、マリーゴールドって・・。
一人で、できるのぉ~???
名人坂本さんのフルーツトマトがいいって・・。
いいのぉ???
名人って・・。

21hukuatu

5月の一発目は腹圧だぁ~~~~!
押しのけてぇ~~~~~。
腹筋だぁ~~~~。
呼吸はどうするの???
って・・。
キツイ・・・すぅ。^^;;;

腹筋って、どうやるのでしょうか?
腰痛予防やボクシングのトレーニングなどで腹筋が大事だと・・。
トレーニングしている人が多い。
腹圧が抜けてますよ。
腰椎に負担がかかりすぎて腰痛になってしまう。
腰痛予防のためなのにぃ・・。
腹筋群の収縮方向への入力が多すぎるんです!
腹筋が大事な理由を考えて、運動を正しく行いましょう。^^

人体の構造に見合った運動を研究しています。
何か課題をお持ちの方、是非セミナーにご参加ください。
5/16(日)えにし治療院セミナー
5/22.23(土日)骨盤おこし・構造動作(AA)セミナー

人気ブログランキングへ

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

えにしのつぶやき

  • 今日のつぶやきは・・。
フォト
無料ブログはココログ