« コンディショニング/自分を調整する・整える | トップページ | 「○○選手の腸腰筋を鍛えるトレーニング!」/トレーニングの目的 »

2012年9月 2日 (日)

接地は圧を分散する/動トレの真骨頂、その前に趾(あしゆび)

「動トレ=“動き”のフィジカルトレーニング」はテクニック(身体の使い方)を学ぶものではありません。


一流のアスリートたちのテクニックは凄い。


けれど彼らにも足りないものがある。


その足りないものをトレーニングするものが、「動トレ」です。


さて、その足りないものとは何でしょう?


--------------------

前回は、
自分を調整する”(コンディショニング)
についてお話ししました。


私の本来の姿は、“治療士”です。
鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師の国家資格を取得してこの道に入りました。
「股割り→骨盤おこし→趾(あしゆび)→動トレ」の順で著作を発表してきましたので、MATAWARIの先生とか、骨盤おこしの先生とか、趾(あしゆび)の先生とか、体操の先生など、と思われている方も多いのではないでしょうか。


ここまでは、私の本業である“治療士”として話をすすめるための準備だと考えてください。
骨格ポジションを知る、運動を知るというのは、これから進めていく話の中でとても重要なキーワードになります。知識として得るだけではなく、実践して実感できるようになると、話が理解しやすくなると思います。


さて、いよいよ“動き”のフィジカルトレーニングの真骨頂についてすすめていきたいのですが、
その前に、趾(あしゆび)の復習をしておいた方がいいでしょう。


どうも、趾(あしゆび)トレーニングのイメージが地味なのか、軽くみてしまうのか、なかなかトレーニングが進まない方が多いようです。
また、トレーニングの意味を理解しないまま、足の甲で立ち、歩けるようになった、トレーニングの成果だと喜んでいても、脚の方向が捻じれ違っていたりします。
見た目できているではなく、「質」がいいトレーニングの意味をカラダで理解することが大切だと思います。


まず、趾(あしゆび)に意識を通す。


これは、イメージでもありませんし、テクニック(カラダの使い方)でもありません。
「できるか、できないか」というように実にシンプルな話です。
ですから、趾(あしゆび)を、見て、呼び掛けて、感覚を戻して、動かすことからはじめてみてください。


趾(あしゆび)を握り込む。



これは、本来動くべきはずのMP関節の可動を取り戻す、長趾屈筋・長母趾屈筋などの下腿深層筋の回復につとめてください。



そして、接地。


「動トレ」の接地基準は、圧を分散させて接地するということになります。
足のアーチ構造は、衝撃を和らげるためのつくりになっていますから、踵や母趾球などに圧を集中させていては、その役割を果たすことができません。


足は、カラダの土台。


圧を分散することができない土台では、衝撃がダメージとなってカラダを揺さぶり続けます。
いくら、体幹を鍛えたとしても、足元の不安定な構造物では、よいパフォーマンスが生まれるはずがありません。
接地は、テクニック(技術)ではなく、「できるか、できないか」というシンプルな構造の話だということを忘れないでください。


その、足が支える骨格構造、つまり“カラダのシステム”を支えるのは足ということになります。
趾(あしゆび)を浮かせていてよいはずがありません。趾(あしゆび)に意識が通らなくてよいはずがありません。そのような、土台では深部感覚が目覚めようもないのです。


足元をしっかり復習しましょう!


そういえば、趾(あしゆび)は地味なイメージですが、
実はトレンディな要素を持ち合わせています!
昨年は雑誌Tarezanデビューしたし、本とDVDもでたし、
http://ameblo.jp/eni4/entry-11561925060.html

趾でカラダが変わる (日貿出版社)

世界中の一人でも多くの人に読んでいただきたいです。

足指トレーニングのDVDも出ています。
構造動作でカラダを変える! 足指トレーニング [DVD]   (BABジャパン)
【動画】:ダイジェスト版

カラダの土台をつくりましょう!

これから、ようやく長い長いカラダの旅がはじまるといってもいいでしょう。
行けるところまで行ってみたいと考えています!



----------------

【新刊、続編】
たちまち重版!
“動き"のフィジカルトレーニング

≪フィジカルトレーニング指導のお問い合わせ≫
パーソナルレッスン日程 (フィジカルトレーニング/リハビリ)

≪セミナー&トレーニング会≫
日程

 

≪リンク≫
・Facebook:“動き”のフィジカルトレーニング
・Facebook:構造動作トレーニング

« コンディショニング/自分を調整する・整える | トップページ | 「○○選手の腸腰筋を鍛えるトレーニング!」/トレーニングの目的 »

趾(あしゆび) 足指トレーニング」カテゴリの記事

えにしのつぶやき

  • 今日のつぶやきは・・。
フォト
無料ブログはココログ