« 股割りのやり方/matawari japan | トップページ | 重版が決まりました!第10刷、ロングセラー「骨盤おこし」 »

2012年9月13日 (木)

書評3つ、頂きました!“動き”のフィジカルトレーニング

書評3つ、いただきました!
どれも、読みごたえがあります。



【1】先月バスケットボールの藤浪トレーニングマッチに参加されていたコーチ
本の紹介 : ”動き”のフィジカルトレーニング - ジュニア期のバスケットボール指導
今回の書籍紹介は、「”動き”のフィジカルトレーニング」(中村考宏、春秋社)です。
骨盤おこしで有名な中村先生が、独自の構造動作理論による身体運用とトレーニングの理論と実践を体系化したものですが、その切り口は斬新で革新的とさえ言えます。一時はAmazonでも在庫切れになっていましたが、それだけ注目されているのかな?!
一言で言えば、教科書に載っているような静的な解剖学ではなく「動きの中の解剖学」に基づき、人間の骨格構造に適した「骨格ポジション(姿勢・構え)」を 取ることにより、身体が動くべきところで動くように、筋肉と関節を正常に動かせようとするものです。四肢の末端で踏ん張ったり力んだりすることなく、末端 を軽くして体幹の力を伝え易くするのが動作の鉄則だと述べられています。
≫≫≫≫つづき



【2】川上智子 きゃら公房さん
自分の身体を諦めない!
体が柔らかくなる「筋トレ」!という魅力的な副題がついています。
とても読み応えがありました。
解剖学的専門知識にもとづく著述については、ちょっと難しく感じるかもしれませんが自分の身体を深く知りたい、より高めたいと思ってる人なら興味津々の内容です。
私のように年齢を重ねても、「自分の身体をあきらめない」人に、ぜひ読んでほしい。
また、少年少女の運動指導を行う立場の人にも、ぜひ読んでほしいと思います。
≫≫≫≫つづき




【3】不透明なチカラさん
本230-『“動き”のフィジカルトレーニング
サブタイトルは、“カラダが柔らかくなる「筋トレ」!”。カラダが柔らかくなるという言い方は誤解をまねくけど、スムーズに動けるとか、動きの質を高めるための筋トレとしてとらえれば、画期的な内容だろうと思う。
≫≫≫≫つづき




ありがとうございます!



----------------

【新刊】好評発売中!
 “動き"のフィジカルトレーニング



≪フィジカルトレーニング指導のお問い合わせ≫
パーソナルレッスン日程 (フィジカルトレーニング/リハビリ)

≪セミナー&トレーニング会≫
日程

≪リンク≫
・Facebook:“動き”のフィジカルトレーニング
・Facebook:構造動作トレーニング




« 股割りのやり方/matawari japan | トップページ | 重版が決まりました!第10刷、ロングセラー「骨盤おこし」 »

“動き”のフィジカルトレーニング」カテゴリの記事

えにしのつぶやき

  • 今日のつぶやきは・・。
フォト
無料ブログはココログ