« 重力を貫く、絶対的な骨格ポジション | トップページ | 踵(かかと)はどこにあるのか?/深部感覚 »

2014年8月27日 (水)

カラダの使い方の中途半端なトレーニング/立位体前屈

股関節の使い方をトレーニングする。
多くの選手は使い方をトレーニングすることで股関節を滑らかに回転できると考えている。
これも、股関節の可動が準備万端ならよし。
だが、ほとんどの選手は準備不十分。
まずは、土台を回復せよ。

これは“カラダの使い方をトレーニングする”という場合も同じです。
例えば、踵が浮かないように深くしゃがむことができない選手。
股関節・膝関節・足関節の可動が準備万端といえるでしょうか?
カラダが硬い、筋肉が硬い、古傷があるから、というような理由で放置してある場合がほとんどです。
そのような状況でランニングフォームや接地などをあれこれと模索している選手が多い。
以前の状況よりも何かしら好転したとしても、根本的な解決策にはなりません。
ただ、限られた選手生命ですから、すぐに効果のあるものを探し続けるという考えもあるでしょう。

しかし、構造動作トレーニングは“動き”をより円滑にするために訓練していきますので基本事項を徹底し中途半端なことはおこないません。

O0640042513011115285

構造動作トレーニングは、重力の影響で重心が下に動く(落ちる)ことをきっかけにしカラダの動 きを作り出す。
動きは、重心の移動がより円滑に行われることによりキレが増し、結果的に股関節の回転運動や腸腰筋が機能的に働くということが起こる。
重心は、骨格ポジションの位置変化の際に床から力を受け取ることにより移動するので、この足と床との間で行われる力のやり取りがポイントになる。
つまり、上手くしゃがめないなど、足関節の可動に問題がある場合、当然、重心移動の精度が落ちる。
それをカラダの使い方と称してトレーニングをしても根本的な解決策にはならない。


O0640042513011115286



接地は、足の構造を整備するだけでなく骨格ポジションそのものの整備が必要です。
動きをより円滑に訓練するものですから、足先だけの整備では骨格ポジションの位置変化による床反力を上手く扱うことができません。

そのために構造動作トレーニングでは、骨格ポジションセッティングトレーニングを何度も反復します。
以前は、私の説明不足、というか表現不足のため、理解に苦しんだ選手も多いかと思います。
私もトレーニングを通して少しづつ成長し、表現方法も豊富になってきました。
わからないことがあれば実際にトレーニング現場で聞いてください。

« 重力を貫く、絶対的な骨格ポジション | トップページ | 踵(かかと)はどこにあるのか?/深部感覚 »

“動き”のフィジカルトレーニング」カテゴリの記事

えにしのつぶやき

  • 今日のつぶやきは・・。
フォト
無料ブログはココログ