« カラダの使い方の中途半端なトレーニング/立位体前屈 | トップページ | 本当の百会/ファイナルセット »

2014年8月27日 (水)

踵(かかと)はどこにあるのか?/深部感覚

Takahiroラボ、第5弾は「接地」。
前回の課題を踏まえ足の末端から重さをかけてゆく。

≪深部感覚ルーティーン≫
趾→脛骨→大腿→骨盤→前腕→上腕→頭蓋

趾をクリア!
ヒトは足関節の底屈と背屈2種。
動物、4足獣は底屈。
底屈なら深部感覚のコンセプトにフィットする。
背屈はどうなのか?
いける。

ルーティーン以外の細かな入力を足に入れていく。
すると、良質の深部感覚が入力され踵(かかと)が後ろへ!
本来、踵(かかと)はどこにあるのか?
ほとんどの人が下。
そして、動き出すと「前⇔後」。
踵で接地して母趾球で蹴るからだ。

踵(かかと)が目覚めフラット接地へ。
運動方向も前回の膝蓋骨感覚からダイレクトなアプローチを採用。

感覚は一期一会。
新たな出会いをもとめよう!

O0800106713043470377

« カラダの使い方の中途半端なトレーニング/立位体前屈 | トップページ | 本当の百会/ファイナルセット »

深部感覚」カテゴリの記事

えにしのつぶやき

  • 今日のつぶやきは・・。
フォト
無料ブログはココログ