« 本当の百会/ファイナルセット | トップページ | 無料メルマガ『股関節全快!構造動作トレーニング』 »

2014年8月27日 (水)

股関節と前腕の回内外

構造動作トレーニングでは、重心位置をセットするのに東京タワーのポーズを行う。
また、床に腰をおろして股割りのポジションをセットするのにはマウント富士のポーズを行う。

マウント富士のポーズは股割りポジションをセットするとともに最適な重心位置をめざして日本一の富士になるべく天高く手をつき刺す。

O0640042513040155540

股割りmoreチャレンジでは、骨盤が1㎜浮くところまでがんばる。
かなりキツイチャレンジだ。
このポジションが満足いくまでに何年かかるのか...。
深い。

股割りは足を大きく開いて胸が床につけばOKと思っている人が多い。
それは、開脚ストレッチであって股割りではない。
股割りは、重心移動とともに股関節が機能的に回転すべく訓練するもの。
そのために前腕の回内外運動をスムーズにしなくてはならないし、足関節の底背屈をスムーズにしなければならない。
股関節が機能的に動くということはそういうことなのだ。

« 本当の百会/ファイナルセット | トップページ | 無料メルマガ『股関節全快!構造動作トレーニング』 »

股割り matawari japan」カテゴリの記事

えにしのつぶやき

  • 今日のつぶやきは・・。
フォト
無料ブログはココログ